2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
定休日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
祝日
 
 
 
 
 
 
 

ダイヤモンドについて

佐賀でダイヤモンドのマリッジリング(結婚指輪)や婚約指輪をお探しなら。

ブライダルリングにダイヤモンドが選ばれる理由

ブライダルリングといえば、ダイヤモンドをイメージされる方も多いと思います。 ダイヤモンドは天然の物質の中で最も固いといわれている素材で、250tの鉱石から0.2gしか採れないといわれるほど希少性が高い宝石です。 傷が付くこともなく永遠に輝き続けることから、「普遍の愛の象徴」として多くの人に愛されています。 永遠の愛を誓うダイヤモンドと、終わりも始まりもない永久をあらわすリング(輪)を組み合わせたダイヤモンドリングは、固い絆と永遠の愛を象徴するブライダルリングに最適です。


ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンド

・カット
ダイヤ表面の研磨と形のバランスを評価する基準がカットです。
プロポーション(カットの総合評価)、ポリッシュ(表面の研磨仕上げ)、シンメトリー(対称性)によってグレードの順位が決定します。
美しいダイヤの輝きは、正確なカット技術から生まれます。


・カラット
カラット(ct)は重さを表す単位です。 「1ct」は「0.2g」と決められており、カラット数が大きくなるほど大粒になり、希少価値も高くなります。
ブライダルリングで人気があるのは、0.2〜0.3ctといわれています。


・カラー
カラーはダイヤの色合いのことで、一般的に無色透明であるほどランクは高くなります。
ダイヤモンドのD(無色透明)からアルファベット順にZ(薄い黄色)までの23段階で、グレードが判定されます。

また、ダイヤモンドはピンクやオレンジ、グリーンなど色のきれいなファンシーカラーというものがあります。
色の深さや鮮やかさ、希少性から、あえて色付きダイヤを選ぶ方もいらっしゃいます。


・クラリティ ク
ラリティはダイヤの透明度を表します。 傷やインクルージョン(不純物)、欠けなどが少ないほど、透明度が上がりグレードも高くなります。
無傷のFL(Flawless)から内容物が肉眼で発見できるI(Imperfection)まで、全部で11段階あります。


ダイヤモンドのマリッジリング(結婚指輪)や婚約指輪を佐賀でお探しならノナカジュエリーへ。

ブライダルリングやセットリングのお買い求めは、こだわりの高品質な指輪が揃うノナカジュエリーをご利用ください。
優れたカットのハートアンドキューピットや、ピンクダイヤのリングをリーズナブルなプライスでご提案しております。結婚指輪マリッジリング)や婚約指輪のことならセミオーダーメイドも取り扱うノナカジュエリーへ。


ページトップへ